bullet proof soul

ダダ漏れる日々のメモ。防弾仕様にはなっておりません。

壊れかけてる半分は 
どちら側の半分か 
わたりたい橋は 
どれもこんなだ 
じりじりと焼かれながら 
雪の国を思い出そうとする 
言葉は言葉にすると 
意味が剥がれるようで 
欠片はさらさら降り積もり 
もう歩けないよ 
頭の中に虻がいるので 
起こさないでほしいのだ 
眠ったままわたる橋は 
いつも向こうに辿り着く 
今夜もそうだといい 
もう歩けないよ 
虻を起こしてしまわぬように 
言葉を生んでしまわぬように 
注意しながら横たわれ 
もう歩けないよ   





JUGEMテーマ:小説/詩
0
      | きこ | Monologue | 19:10 | - | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
        | スポンサードリンク | - | 19:10 | - | - |
      http://complice.jugem.jp/trackback/182
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      このページの先頭へ