bullet proof soul

ダダ漏れる日々のメモ。防弾仕様にはなっておりません。
配達人のうた

夏の気配も薄れ 
世界から拒絶される夢を見たかい 
いい朝だね 
きみはいつも真面目すぎ 
休暇は終わらないよ 
始めなくちゃね 

  
釦を掛け違えた感じ 
いい具合にかみ合わないまま歩こう 
空が高いね 
きみは疲れたがってる 
手を放してあげなよ 
揺さぶられすぎだよ 

  
何か配達に行こう 
誰も欲しがっちゃいないものを 
ああ壊れたね 
きみはいつも渇いてる 
ぼくはまた犬に噛まれる 
尻尾を踏むからさ 

  
キンモクセイの匂いと 
ノイズの中をただ泳いでる時間 
ちょっと飽きたか 
きみはやめ方がわからない 
手を放してみるんだ 
誰かにそっとわたすんだ   









JUGEMテーマ:小説/詩
0
      | きこ | Monologue | 17:11 | - | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
        | スポンサードリンク | - | 17:11 | - | - |
      http://complice.jugem.jp/trackback/187
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      このページの先頭へ