bullet proof soul

ダダ漏れる日々のメモ。防弾仕様にはなっておりません。
前の日のうた

胸に針の先ほどの穴が開いて 
冬の陽が差している 
踏みだすタイミングがあって 
今じゃない気がしている 
両手の爪を掛けてみて 
引き裂いたら何かあるかな 
ラムネの玉とか草の種とか 
平たい石とか猫のひげとか 
忘れてしまえばよかったのに 
あやふやな明日の前の日 
へたくそな口笛で思い出す 
いつだって何かの前の日 
それからそっと飲み込んだ 
誰にも見られないように 
誰にも聞こえないように 
誰にも取られないように 
誰にも決められないように   





JUGEMテーマ:小説/詩
0
      | きこ | Monologue | 17:36 | - | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
        | スポンサードリンク | - | 17:36 | - | - |
      http://complice.jugem.jp/trackback/194
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      このページの先頭へ